2010年05月18日

ブラインドデート・キモい男

キモいアメリカ人って言っても色々ですが、私の場合、万人がキモいと感じるに違いないアメリカ人に不運にも当たってしまいました。
ブラインドデートで。

ブラインドデートってご存知ですよね?
前もって写真を交換する場合もあるけれど、知人の紹介やインターネットのデートサイトで前もってある程度の情報を交換し、事前に面識無く初対面でデートするのが一般的かな。

コレで出会った男がまあ、大概ロクなもんじゃなかったんですが、特にコイツはキモかったです。
何よりまず無駄に体が大きいのがマイナス50。
大きいっても、たくましいとかすらりと長身とかならかっこいいんですよ。そういうんじゃなくて、なんかこうなんというか、ヌメっとした感じでヌオっと大きいんです。
そして、最悪だったのはまず髪型。
オールバックです。ベチョっと。
今時いるんかいこんなヤツ!っていうような髪型です。
しかも襟足の方がウジウジウジっとカールしてるのが最高にキショかった。
そして、オールバックなのに落ち武者みたいにおくれ毛が色んなところからモサっと出ているのもものすごくイヤでした。
あと、服装も最悪。
私は男性の服装にそんなにうるさい方じゃないと思うんですけどね。基本的に清潔であれば何でもいいや、って方なんですが、アレはいただけなかった。
腕まくりしてるポロのワイシャツに、裾がすぼまったケミカルウォッシュのジーンズ。もちろんシャツはジーンズの中に入れて金色のバックル付きベルトでビシっと締め。
あー。最悪。
思い出しただけで最悪。
腕まくりも最悪。裾すぼまりのケミカルウォッシュジーンズ、極めつけは裸足にスリッポン。
もうあんな服装のヌメ巨大男と付き合うぐらいだったら、上半身はだかで下はステテコの太鼓腹おやじと手をつないで歩いたほうがマシなぐらいです。
しかもこのステテコ太鼓腹にさえ負けてる男が、自信満々で『しょっちゅう若い女の子から声をかけられるんだ。私がキュートだからだと思う』なんて言うんです。キュートって、キュートって、キューピー人形とかパンダちゃんとかに使う言葉じゃないんですか?なんであなたがキュート?
さらに追い打ちをかけるように『私の唇は最高にセクシーだ』って。
ホントに誰も訊いてないから。そんなこといちいち言わなくていいから。もう黙って家に帰って寝てくれ。

はー。今思い出してもキショいです。
posted by モモヨ at 12:14 | モモ恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。