2010年06月05日

約束の温度差

文化の違いというのはいかんともしがたいものですが、これが日常的な話になってくるとちょっと趣が違ってきます。

一般的に日本人は『約束』を重んじる人種だと私はおもうんですけどね。
アメリカ人は(特にビタミン泥棒=彼氏)なんかちょっと違う感じなんです。
例えば"I'll call you later"(後で電話するね)とか、"I'll call you tomorrow"(明日電話するね)なんて言っておきながら、電話なんて全然かかってこないなんて、日常茶飯事です。あ、これは私の経験上、ビタミン泥棒に限らず、わりとアメリカ人の男女を問わず多いパターンです。
これって、『明日電話するね』っていう日本人が交わす約束とは全く違っているようで『じゃまたね』に近いようなんですよね。
でも、こっちは骨の髄まで日本人。
『後で電話する』って言われたり、あまつさえ『明日』なんて具体的に指定なんかされた日にゃ、待ってしまいますよ。いつ電話かかってくるのかな?って。
ところが結局電話がかかってこないもんだから、もしかして何かあったのかしらん?って心配になってこちらから電話したりなんかすると、「ハーイ何か用?」なんてにこやかに訊かれたり、これがデートし始めの新しい人だったりなんかすると、『鬱陶しい女』ってうざがられたりする危険性まではらんでしまうんです。
もちろん個人差はありますけど、いかんせん文化が違う相手との付き合いは、恋愛関係に限らず、そこまで大きい話になるか?って感じですが、国際問題政治経済の果てまで同じ問題が常に潜在していると私はおもうんですけどね。
世界共通の言語なんて、この世にはあり得ません。
理解しあおう、という努力が大切なんだと思うんですが、でもやっぱりいかに恋人とはいえ、人のビタミン剤を盗むのは理解できませんわ(私もしつこいなしかし)。
posted by モモヨ at 12:47 | Comment(0) | モモ怒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。