2010年06月24日

温度差だけじゃなくて体格差も……

アメリカ人の女性って、一般的に『大きい』っていうイメージがあります。そして平均身長平均体重共に、確かに私たち日本人女性をかなり宇和回る数字なんですよね。
でも、私が働いている会社の同僚達を見ると、意外に私より身長が低い人が多いんです。そして、身長166cmの私をみんな「あなたって日本人女性としてはかなり長身よね」って言います。
例えば同僚のRちゃん。
彼女はおそらく身長150cmほど。この身長は日本人としても小柄なほうですよね。でも、細身でウエストなんかギュイーっとしまってるし、ヒップも小さくてキュっとしててすっごくかっこいいんです。そんなRちゃんの悩みは『体型に合うお洋服がなかなか無いの』。
なぜなら、彼女のバストがまるでバスケットボール並みの巨乳だからです。
小さな体にバスケットボール二個。
これはかなりインパクトあります。そして、確かに体型に合うお洋服を見つけるのは至難の業かも。
ピタピタのTシャツなんか着た日には、バストがあまりにもすごすぎて女性の私も目が釘付けになります。
そこまで小柄なのにそこまでバストがあるなんてアンバランスに思われるかもしれませんけど、それが意外にそうでもないんですよ。ホントにかっこいいんです。
彼女を見ていると、日本人には絶対にあり得ないスタイルだなあ、とつくづく思います。
私の好みはもっとはかなげで可憐なタイプなんですけど、彼女のような迫力ボディーを見ると、食べ物のせいなのかそれとも遺伝的にそういう仕組みになっているのか、とにかく種類の違う生き物、っていう気がしてきます。

種類の違う生き物といえば、ビタミン泥棒もそうです。
彼が自宅でエクササイズする時のことですが、そりゃもう恐ろしいのなんのって。
まずは巨大ダンベルから始まるんです。
そのダンベルたるや、一個だけでも私が渾身の力を込めてもピクリとも動かないような重量。それを二個、ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッッッッッッッッ!!とこの世のものとも思えない雄叫びをあげながら上げ下げします。
そのあと、ちょっと表現しがたいエクササイズをいくつかするんですが、最後のしめが重量挙げです。
これがすごいんです。
オリンピックかと思うような、マジの重量挙げです。
あのものすごいものを、これまたヌオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッッッッッッッッッッと恐竜かと思うような声をあげながら、頭上にあげ、音がしないように床に置き、また恐竜となって頭上にあげ……、と繰り返します。
同じ室内にいると、その雄叫びとエネルギーがあまりにすごくて、恐怖のあまり泣きたくなるぐらいの恐ろしさです。
もしかして、同じ人間じゃないのかもしれない、と最近思っています。。
posted by モモヨ at 11:39 | Comment(0) | モモ恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。