2010年05月04日

モモヨ怒りの鉄拳3

「では……」

って言おうと口を開いたんですよ。

パカ。


と。


その瞬間


「黙れ!しのごの言わずに、今すぐ! と言ってるだろうっ!戻って来てお前がカートを返すのを見張ってやるからな!そこにいつまでもぼやぼや突っ立っているんじゃないっっっ!わかったかっっっっ!」


と怒鳴られました。
こちらを指差しながら。


私が
「あ」
とか
「う」
とか言う前に。


私ね。

こういうのほんっとにダメなんです。

無茶苦茶ダメなんです。

死ぬほど腹立つんです。

いや。腹が立たない人はいないと思いますよ。
だってあんまり理不尽じゃないですか。
こちらの事情なんて一言もきかず、口を開くことすら許さず、権力をかさにきて怒鳴りちらし、しかもどう考えても無理な事をさせようとするのはただの意地悪でしかありませんよね。

でも。
そうなんです。

連中には『権力』があるんです。

思いましたよ。
ああ。
私に超能力があれば……。
こんなヤツ、パトカーごと宙に持上げて逆さ吊りにして、ちびるまでそのまま放置してやるのに。

もしくは警察の上層部に優しい親戚のおじさんがいれば……。
目の前でおじさんに電話して
「あっ。伯父さま!実はモモヨ、今かくかくしかじかの事情でとっても困ってるの。助けてくださらない?」ってお願いして、目の前でコイツをクビにしてやれるのに。


でも現実はそうは行かないんですよね。

もうまるで犯罪者扱いですよ。
反対車線からやってきたバカおまわりカーは、次の信号でぐるっと後戻りしてきた後、5ミリほどの間隔を空けて私の背後にピタっとくっつきました。気色悪いほどピッタリです。

そして、信号が変わって道路を渡ると、その私の後にピターっとくっついて来ました。
もちろん私は一瞥もくれず、ずっと無視してスーパーに向かいましたけど、誰かが目撃したら「あの女、一体何をやらかしたんだろう?」って思われる異様な光景です。

さて。
スーパーに到着したところ、偶然お店のマネージャーが入り口の所に立っていました。


で?何が起った?

ていうか、長くないか、話?


<明日に続く>
posted by モモヨ at 10:00 | Comment(0) | モモ怒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。