2010年05月07日

1Q84

1Q84もう読みましたか?

私は1、2は読んだんですけど、3はまだ。
近所の日系書店でも3は発売日の午後見たとき、すでに残り2冊でした。

うーん……

Book1は良かった。
ノスタルジックで切なくて不思議な空気と現実味が絶妙にマッチしていて、ホントに一気読み。
でもBook2に入ってほどない頃から、あれ?あれあれあれ?な雰囲気に。


私個人の好みなんですけどね。

あまりにもファンタジーな物語はダメなんです。
いや。
ていうか、現実の話だと思ってグイグイ引き寄せられてよんでいたのに、最後になってみるとファンタジーだったのでした、的物語がダメなんですね。でもってこの物語はモロそれなんです。
だもんですから、Book3躊躇してます。
2の最後で「こりゃ続くんだろうなあ……」って思ったんですけど、待ちこがれるって気持ちにはなりませんでした。
近頃読んだファンタジーで秀逸だったのは、島田荘司さんの講談社大河ノベルス。
あれはすごかったなー。
posted by モモヨ at 05:03 | Comment(0) | モモ読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。