2010年05月29日

これはカルチャーの違いなのか?

アメリカ人男性に限っての話なのか、それとも男性の特性なのか?

ってよく思います。
どんなことに関してかって?

例えばですね。
ビタミン泥棒(だから彼氏なんですけどね)の特性は『異様にめんどくさがり』で『超非合理的』で『短気』。
先日、組み立て家具の組み立てをしたんです。
私、こういうことかなり得意なので、男性の助けはほぼ必要ないんですが、重たい家具だったりするとやっぱり一人では無理。
でも、なるべくなら自分一人でやりたいんですよね。
なので、箱から部品を取り出して、さてどこから手を付けるか、と腕組みしてワクワクしていたら、ビタミン泥棒がひょいと登場して
「僕に任せなさい」って言い出したんです。

いやーな予感がしました。
だって、ものすごく不器用なうえに乱暴者でいい加減で無茶苦茶な男なんですもの。家具の組み立てなんてホントにできるのかしら。いや。絶対出来ないにちがいない。でもここで「いや。私がやるから」って言ったらさらにムキになるだろうし、かといって「そうお?じゃお願いね」って頼んで家具をぶっ壊されても困るし。

と思い悩んでいるうちに、彼がどんどん部品をとりだして組み立て始めました。
それを横目で見ながらなんとなく予感がしたんですよ。
「足を左右逆につけて上の台も上下さかさまにつけたりして……」
って。

「はいできたよ。簡単だよ」
って彼が指差す先を見ると。


やっぱり……。


足が左右逆で上の台が上下さかさまでした。
ホントにご丁寧になんで全て間違うんでしょうか?
謎なんですけど。
ちゃんと説明書読めばこんな間違いしないんじゃないかしら。
いや、もっと言うなら、普通に見れば逆さまだってわかりそうなものなんですけど。

「……ねえ。作ってもらったのに悪いんだけど、足が左右逆なんだけど……」

「そんなもん関係ないね」

そ、そんなもん?
関係ないね?
って?
どういう意味?

「どっちでもいいそんなもん」

すでに声は怒気を含んでいます。
ていうか。
なんで怒る?
悪いのはアンタなんじゃ?

仕方なく黙って組み立て直そうとすると、さらに怒るビタミン泥棒。

「放っておけよそんなもん。どっちだっていいんだからっ!」

あああーー!!
もうこういうの私許せないんですけどっっっ!!
百歩譲ってアホな間違いは許してやろう。
そこまでは許してやるよ。必死で我慢して。
でも、正しいことをしょうとしているのに、いちいち口出しするなっ!しかも怒るなっっ!!!
悪いのはお前だお前だお前だっっっっ!!!



っていう、こんな情景がしょっちゅうなんですが、私ってどうしてまだ別れないの?
誰か教えてくれませんかね?
posted by モモヨ at 13:26 | Comment(0) | モモ恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。