2010年06月03日

ノーから始まる男

ビタミン泥棒なんですが(もうほんと、しつこいですけど彼氏ですからね)、必ず絶対100%『ノー』から始まるんです。
つまり、なんでもかんでも絶対に『ノー』って言うんです。
例えば誰かに「ガムいる?」ってきかれるとしますよね。ドライブ中とか食後とか。
そういうとき、まあどっちでもいいかな、って思っていても気軽に「うん。ありがと」ってもらう人多いと思うんですが、ビタミン泥棒の場合120%の確率で「ノー」って言います。それも顔をしかめてすっごく癒そうな表情で。本人に訊いてみたら「たとえ欲しくてもノーって言ってしまう」んだそうです。
なぜ?
と問うと、「わからない」という返事です。
とりあえず、他人からの提案に従うのが嫌ならしいんですが、その理由はもしかして『他人の提案に従う=囚われた気分になる』からなんでしょうかね?

まあそんな小難しい理屈や分析はどうでもいいんですよ。
要は、私が買って来たシャワーカーテンをロクに見もしないで「ノー。趣味が悪い!」って言ったり(私のためじゃなくて彼の部屋のシャワーカーテンが腐ってボロボロになってたから買って来たんですけどね)、枕がベトベトのギトギトで気味が悪いので新しいものを買って来たら(だから私の物じゃなくて彼の部屋のものね)「ノー。そんなもの必要ない!」って言ったりとか、せっかく作って用意しておいた手料理をチョー嫌そうな顔をしてお皿をフォークで押しのけたり(美味しいのよ美味しいのよ)、そういう基本的に人として失礼なんじゃないか、ってことは言わないよう努力できないもんですか?って思うんですけど、まあその前にいちいちこんなことを公の場で書いておいて、いまだに別れない私はどうなんだ?っていう話もあるんですけどね。どう思います?
posted by モモヨ at 12:59 | Comment(0) | モモ恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。