2010年06月24日

温度差だけじゃなくて体格差も……

アメリカ人の女性って、一般的に『大きい』っていうイメージがあります。そして平均身長平均体重共に、確かに私たち日本人女性をかなり宇和回る数字なんですよね。
でも、私が働いている会社の同僚達を見ると、意外に私より身長が低い人が多いんです。そして、身長166cmの私をみんな「あなたって日本人女性としてはかなり長身よね」って言います。
例えば同僚のRちゃん。
彼女はおそらく身長150cmほど。この身長は日本人としても小柄なほうですよね。でも、細身でウエストなんかギュイーっとしまってるし、ヒップも小さくてキュっとしててすっごくかっこいいんです。そんなRちゃんの悩みは『体型に合うお洋服がなかなか無いの』。
なぜなら、彼女のバストがまるでバスケットボール並みの巨乳だからです。
小さな体にバスケットボール二個。
これはかなりインパクトあります。そして、確かに体型に合うお洋服を見つけるのは至難の業かも。
ピタピタのTシャツなんか着た日には、バストがあまりにもすごすぎて女性の私も目が釘付けになります。
そこまで小柄なのにそこまでバストがあるなんてアンバランスに思われるかもしれませんけど、それが意外にそうでもないんですよ。ホントにかっこいいんです。
彼女を見ていると、日本人には絶対にあり得ないスタイルだなあ、とつくづく思います。
私の好みはもっとはかなげで可憐なタイプなんですけど、彼女のような迫力ボディーを見ると、食べ物のせいなのかそれとも遺伝的にそういう仕組みになっているのか、とにかく種類の違う生き物、っていう気がしてきます。

種類の違う生き物といえば、ビタミン泥棒もそうです。
彼が自宅でエクササイズする時のことですが、そりゃもう恐ろしいのなんのって。
まずは巨大ダンベルから始まるんです。
そのダンベルたるや、一個だけでも私が渾身の力を込めてもピクリとも動かないような重量。それを二個、ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッッッッッッッッ!!とこの世のものとも思えない雄叫びをあげながら上げ下げします。
そのあと、ちょっと表現しがたいエクササイズをいくつかするんですが、最後のしめが重量挙げです。
これがすごいんです。
オリンピックかと思うような、マジの重量挙げです。
あのものすごいものを、これまたヌオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッッッッッッッッッッと恐竜かと思うような声をあげながら、頭上にあげ、音がしないように床に置き、また恐竜となって頭上にあげ……、と繰り返します。
同じ室内にいると、その雄叫びとエネルギーがあまりにすごくて、恐怖のあまり泣きたくなるぐらいの恐ろしさです。
もしかして、同じ人間じゃないのかもしれない、と最近思っています。。
posted by モモヨ at 11:39 | Comment(0) | モモ恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

室温差もしくは体温差

コレもまた、ある意味文化の違い故の悩みでしょうか?
夏になると必ず浮上してくる問題。
「クーラーの設定温度差」です。

ビタミン泥棒はアメリカ人。
体もデカいし筋肉という骨格といい、日本人の私たちとは怪獣とミミズぐらいの対格差があります。そして多分体脂肪だのなんだのかんだのよくわかりませんが、燃焼の度合いも必要エネルギーも発散率も全て私たちの100倍ぐらいなんじゃないかと思います。
何せ彼が部屋の中にいるといないとでは、確実に室温が5度ぐらい違うんです。ましてやお布団の中に入ると、布団内温度の上昇率といったら、もしかして私は巨大カイロか巨大湯たんぽと一緒に寝ているのでは?と思いたくなるぐらいの温度上昇率です。
ということはつまり、本人の『暑いっ』と感じる温度も私たちのそれとは比べ物にならないぐらい低いところから始まるんですね。

ということで、夏場にビタミン泥棒が家に来るとクーラーの設定温度は10度ほど低くなり、それにしたがって私の凍死率は10割増。
寒いんですよ。つまり。
死ぬほど。
そんな低温設定で一日中一晩中ゴンゴンゴゴゴゴゴーとクーラーをつけっぱなしにされ、私の夢に出てくるのは常に南極遭難隊。もしくはトイレに行きたくて死にそうなのにトイレが見つからない夢。もしくは寒くて眠れない。もしくは寝起きが激頭痛。
もうほんとにたまらないんですが、コレ、当のビタミン泥棒も彼なりに我慢しているようで、本来あと5度は設定温度を下げたいらしいです。
私の周辺にいるアメリカ人の彼氏がいる日本女性は、皆同じようなことで悩んでいます。
これはやっぱりまさしく文化習慣の差プラス体温差。
どうしたらいいんでしょう。
posted by モモヨ at 00:20 | Comment(0) | モモ恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

ノーから始まる男

ビタミン泥棒なんですが(もうほんと、しつこいですけど彼氏ですからね)、必ず絶対100%『ノー』から始まるんです。
つまり、なんでもかんでも絶対に『ノー』って言うんです。
例えば誰かに「ガムいる?」ってきかれるとしますよね。ドライブ中とか食後とか。
そういうとき、まあどっちでもいいかな、って思っていても気軽に「うん。ありがと」ってもらう人多いと思うんですが、ビタミン泥棒の場合120%の確率で「ノー」って言います。それも顔をしかめてすっごく癒そうな表情で。本人に訊いてみたら「たとえ欲しくてもノーって言ってしまう」んだそうです。
なぜ?
と問うと、「わからない」という返事です。
とりあえず、他人からの提案に従うのが嫌ならしいんですが、その理由はもしかして『他人の提案に従う=囚われた気分になる』からなんでしょうかね?

まあそんな小難しい理屈や分析はどうでもいいんですよ。
要は、私が買って来たシャワーカーテンをロクに見もしないで「ノー。趣味が悪い!」って言ったり(私のためじゃなくて彼の部屋のシャワーカーテンが腐ってボロボロになってたから買って来たんですけどね)、枕がベトベトのギトギトで気味が悪いので新しいものを買って来たら(だから私の物じゃなくて彼の部屋のものね)「ノー。そんなもの必要ない!」って言ったりとか、せっかく作って用意しておいた手料理をチョー嫌そうな顔をしてお皿をフォークで押しのけたり(美味しいのよ美味しいのよ)、そういう基本的に人として失礼なんじゃないか、ってことは言わないよう努力できないもんですか?って思うんですけど、まあその前にいちいちこんなことを公の場で書いておいて、いまだに別れない私はどうなんだ?っていう話もあるんですけどね。どう思います?
posted by モモヨ at 12:59 | Comment(0) | モモ恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。